フロアコーティングの価格を知ろう|相場を調べるのがベスト

コーティング

新築時の状態を保つには

新築時の綺麗なフローリングを維持するには、出来るだけ早く傷や染みを防いでくれる、フロアコーティングを施工する必要が有ります。この施工を行なうことでお手入れを簡単にすることができます。

詳しく見る

部屋

下準備が美しさを左右する

フロアコーティングの施工は、まず最初に下準備として養生や足付け、脱脂や掃除などの下準備を行います。準備ができたら、下地材のアンダーコートを床に塗布します。アンダーコートが乾燥したら、トップコートを塗布し、乾燥したら検査や掃除をして終了です。

詳しく見る

床

床の保護と再生

フロアコーティングは、床(フロア)に塗膜を作る(コーティング)するというものです。行う理由は床材の劣化を防ぐことのほか、塗膜を作ることで汚れが染み込みにくくすることができます。また新築の段階から行われるほか、数年経ったあとでも施工することができます。

詳しく見る

作業員

床を蘇らせる施行技術

フロアコーティングとはフローリングの床の美しさや性能を高める施行技術です。主なものとして、シリコンコーティング、UVコーティング、ガラスコーティングがあり、種類により性能や保証期間年数が異なり、価格もそれぞれです。

詳しく見る

部屋

床材の傷が気になるときは

日常生活の中では何気ない行動がフローリングの床に汚れや傷を付けてしまいがちです。その防止策としてあるのがフロアコーティングです。フロアコーティングとは専用のコーティングを施し、フローリングの床が汚れや傷などのダメージを受けないようにする施工方法を指します。

詳しく見る

床

失敗しない業者選び

フロアコーティングは通常のワックスとは異なり数万円から数十万円の費用が掛かります。しかし一度施工してしまうと数十年効果があるものです。失敗しないためにも信頼のおける業者に施工してもらうことが重要です。

詳しく見る

作業員

住宅の床を快適な状態に

フロアコーティングの施工業者を選ぶ際は、見積りの安さだけで選ばずに要望をしっかり聞いてくれるかを確かめましょう。生活環境にあったフロアコーティングを施工すればとても快適に生活できるようになるので、信頼できる大手の業者に施工依頼するべきです。

詳しく見る

部屋

施工は簡単に依頼

マイホームの購入時にフロアコーティングを行っておけば、長い期間にわたってフローリングのツヤと輝きを維持出来ます。大阪の専門店の多くで、このフロアコーティングが行われています。施工は半日ほどで終了するので、建築計画の段階で相談、依頼すれば、入居後に施工依頼をする手間もなくなり便利です。

詳しく見る

木目

いつでもピカピカな床に

フロアコーティングを施工するときは、まず費用対効果を見極め、料金や耐久力を考えてコーティングの種類を決めます。できれば複数の業者から見積を取って比較し、納得できる業者を選んで施工を依頼するのが基本です。

詳しく見る

作業員

選定する時のポイント

フロアコーティングを業者に依頼する際は、業者をしっかり選定する必要があります。部屋の雰囲気にあったコーティング剤が選べる、ライフスタイルや家族構成に合わせた施行が出来るよう、プランが豊富で知識が高い業者を選びましょう。

詳しく見る

床

床を長きに渡り守れる商品

最近のフロアコーティングは三十年もの長い間床を守ることが出来る商品も登場しています。そして耐久性だけでなく、耐水性や耐薬性にも優れているので飲み物や薬品をこぼしても床を痛めることはありません。また、艶に関してももちろん長く維持することが出来るので、明るい印象の部屋で長きに渡り暮らすことが出来ます。

詳しく見る

床を傷や汚れから守る

板

基本的な相場を理解する

自宅のフローリングを傷や汚れから守ることのできるフロアコーティングは、技術が向上して施工しやすくなったことと、料金が安くなってきたことから人気が高まっています。しかし、一昔前より価格が安くなったとは言え、まだまだ高い部類に入るので依頼する際は相場を理解して検討するようにしましょう。フロアコーティングの価格は、使用するコーティング剤によって違ってきます。主流となるUVコーティングに加え、硬度の高いガラスコーティング、滑りにくさでペットのいる家でも安心のシリコンコーティングなど種類が豊富で、家の状況や好みから選択することになります。価格はUVなら1平方メートルで4,500〜5,000円ほど、ファミリータイプ3LDKの床面積75平方メールなら337,500〜375,000円となります。これだけ見ると非常に高価な工賃となりますが、必ず家全体をコーティングする必要はないため、要所でのフロアコーティングを利用すれば安く済ませることができます。基本的に傷や汚れから守るのが目的のため、住人が頻繁に出入りするキッチンやリビング、そして玄関まで続く廊下を中心にして、あまり入ることのない物置や、1日に1度しか利用することのない寝室などは省くといった考え方もあります。ちなみに、フロアコーティングではUVタイプの価格が最も高いので、費用を抑えたい場合は、その他の方法を検討してみるのも良いでしょう。シリコンやウレタン系は3分の2程度の費用で済むため、こちらを利用すれば安く仕上げることができます。

オススメ記事

コーティング

新築時の状態を保つには

新築時の綺麗なフローリングを維持するには、出来るだけ早く傷や染みを防いでくれる、フロアコーティングを施工する必要が有ります。この施工を行なうことでお手入れを簡単にすることができます。

部屋

下準備が美しさを左右する

フロアコーティングの施工は、まず最初に下準備として養生や足付け、脱脂や掃除などの下準備を行います。準備ができたら、下地材のアンダーコートを床に塗布します。アンダーコートが乾燥したら、トップコートを塗布し、乾燥したら検査や掃除をして終了です。

床

床の保護と再生

フロアコーティングは、床(フロア)に塗膜を作る(コーティング)するというものです。行う理由は床材の劣化を防ぐことのほか、塗膜を作ることで汚れが染み込みにくくすることができます。また新築の段階から行われるほか、数年経ったあとでも施工することができます。