フロアコーティングの価格を知ろう|相場を調べるのがベスト

住宅の床を快適な状態に

作業員

床のコーティング

住宅の内部で最も磨耗するのは床であり、適切なフロアコーティングを行わなければすぐに汚れて傷つき、劣化していきます。業者にフロアコーティングを依頼し、傷つかない清潔な床の上で生活していきましょう。フロアコーティング施工業者の選び方としては、単純な見積りの額だけで決めるのはリスクが高いです。それよりは過去の施工実績と、大手であるかどうかが決め手となります。いくら見積りが安く出ても、過去の実績が不透明であるところは避けたほうがいいでしょう。フロアコーティングの種類としては、ガラスやシリコン、UVやウレタンなど様々なものが存在します。高級なものはガラスなどですが、ただ値段が高いだけで判断するべきではありません。事実、ガラスのコーティングは何よりも見栄えを重視して仕上げるため、耐久性がシリコンなどに一歩譲っています。もちろん何もしないよりも床の耐久性は高くなりますが、目的に応じたコーティングを施していくのが賢い施工のやり方です。そのあたりは施工業者に相談すると最適なコーティングを紹介してもらえます。その際に要望を無視してやたらと高いコーティングを勧めてくるところは止めたほうがいいでしょう。ペットを飼っている、よくテーブルを動かすなどの生活環境にあったフロアコーティングを行えば、とても快適に生活できます。今暮らしている住宅の床に何もコーティングを施していないのであれば、信頼できる施工業者に依頼をしましょう。

オススメ記事

コーティング

新築時の状態を保つには

新築時の綺麗なフローリングを維持するには、出来るだけ早く傷や染みを防いでくれる、フロアコーティングを施工する必要が有ります。この施工を行なうことでお手入れを簡単にすることができます。

部屋

下準備が美しさを左右する

フロアコーティングの施工は、まず最初に下準備として養生や足付け、脱脂や掃除などの下準備を行います。準備ができたら、下地材のアンダーコートを床に塗布します。アンダーコートが乾燥したら、トップコートを塗布し、乾燥したら検査や掃除をして終了です。

床

床の保護と再生

フロアコーティングは、床(フロア)に塗膜を作る(コーティング)するというものです。行う理由は床材の劣化を防ぐことのほか、塗膜を作ることで汚れが染み込みにくくすることができます。また新築の段階から行われるほか、数年経ったあとでも施工することができます。