フロアコーティングの価格を知ろう|相場を調べるのがベスト

床材の傷が気になるときは

部屋

フローリングを保護する

普段から人が頻繁に出入りする部屋の床というものは思いのほか傷みが激しくなりがちです。たとえどんなに気を配っていたとしてもイスを動かしたり、物を落下させてしまったりするものですから、その積み重ねはフローリングの床にダメージを蓄積させてしまいます。もちろん、痛みの程度が軽微なものであれば自分でもある程度の補修をすることも可能ですが、傷みの程度が激しい場合には素人が自己流で補修を行ってしまうとさらにフローリングの床にダメージを与えてしまいかねません。そのため、日常的に何らかのダメージを受けやすいフローリングの床に関しては、フロアコーティングを施工しておくことがいつまでもフローリングの床をきれいに保つための最善の方法になります。フロアコーティングとは、フローリングの床に専用のコーティングを施す施工方法なのですが、この施工をすることによってフローリングの床に傷が付いたり、汚れが付いてしまうのを防止することができます。現在ではこのフロアコーティングの施工を専門的に行っている業者も多いので、フローリングの汚れや傷がどうしても気になるという人は一度、フロアコーティングの専門業者に問い合わせをして見積もりを出してもらうようにしましょう。ただし、フロアコーティングの施工方法にはいくつかの方法があるので、施工方法ごとに料金は異なってきます。また、業者ごとに得意とする施工方法も違ってくるので必ず複数の業者に見積もりを出してもらったうえで施工を依頼する業者を選ぶようにしましょう。

オススメ記事

コーティング

新築時の状態を保つには

新築時の綺麗なフローリングを維持するには、出来るだけ早く傷や染みを防いでくれる、フロアコーティングを施工する必要が有ります。この施工を行なうことでお手入れを簡単にすることができます。

部屋

下準備が美しさを左右する

フロアコーティングの施工は、まず最初に下準備として養生や足付け、脱脂や掃除などの下準備を行います。準備ができたら、下地材のアンダーコートを床に塗布します。アンダーコートが乾燥したら、トップコートを塗布し、乾燥したら検査や掃除をして終了です。

床

床の保護と再生

フロアコーティングは、床(フロア)に塗膜を作る(コーティング)するというものです。行う理由は床材の劣化を防ぐことのほか、塗膜を作ることで汚れが染み込みにくくすることができます。また新築の段階から行われるほか、数年経ったあとでも施工することができます。