フロアコーティングの価格を知ろう|相場を調べるのがベスト

床の保護と再生

床

フロアコーティングとは、床の上面を何らかの方法で膜を作ることです。フロアコーティングはコーティング剤によって耐久年数が変わりますが、基本的にはクリア(透明)な塗膜を作ることが目的です。フロアコーティングを行う理由としては、表面を保護するほか汚れが付きにくくすることでお手入れをしやすくすることができます。また現在の建売で使われているフローリングの保証期間は2年程度と短く、さらに3年目以降は劣化が始まります。すぐにダメになるわけではありませんが、劣化が始まると色焼けなどが起こってきます。これを防ぐために古くは床のワックスがけが行われていましたが、ワックス掛けは耐久力が小さく頻繁にワックスがけをしなければいけません。一方でフロアコーティングでは長期間の塗膜を維持することができるメリットがあります。またフロアコーティングは新築の段階で行うことも出来ますし、数年経ったあとでも施工することができます。フロアコーティングに使われる塗料としてはウレタンまたシリコンのどちらかがよく使われています。理由は耐久年数が5年程度ですが経済性に優れています。最上級のフロアコーティングではガラスコーティングで、非常に高い耐久性を持っています。しかし、これらの方法は硬化させるために数日、置かなければいけません。この問題を解決したのがUVコーティングで紫外線を当てることですぐに硬化させることができますが、ガラスコーティング並みに価格が高いものです。

オススメ記事

コーティング

新築時の状態を保つには

新築時の綺麗なフローリングを維持するには、出来るだけ早く傷や染みを防いでくれる、フロアコーティングを施工する必要が有ります。この施工を行なうことでお手入れを簡単にすることができます。

部屋

下準備が美しさを左右する

フロアコーティングの施工は、まず最初に下準備として養生や足付け、脱脂や掃除などの下準備を行います。準備ができたら、下地材のアンダーコートを床に塗布します。アンダーコートが乾燥したら、トップコートを塗布し、乾燥したら検査や掃除をして終了です。

床

床の保護と再生

フロアコーティングは、床(フロア)に塗膜を作る(コーティング)するというものです。行う理由は床材の劣化を防ぐことのほか、塗膜を作ることで汚れが染み込みにくくすることができます。また新築の段階から行われるほか、数年経ったあとでも施工することができます。