フロアコーティングの価格を知ろう|相場を調べるのがベスト

選定する時のポイント

作業員

自宅に合った施行が出来る

耐久性をアップできるフロアコーティングの施行を行う事によって、床の美しさはもちろん、床の寿命を延ばせます。ただ、より良い仕上がりにする為には、業者を選ぶ事が大切です。フロアコーティングの業者を選ぶポイントはいくつかありますが、まずは自宅に合った施行が出来るかどうかという点をチェックしましょう。フロアコーティングの際に使用するコーティング剤には、艶有りタイプと艶消しタイプの2つに分かれています。艶有りタイプは美しい光沢が出て、明るい印象の部屋になるという点が特徴的です。一方、艶消しタイプのコーティング剤は落ち着いた、大人な雰囲気に仕上がります。このように、コーティング剤によって床だけでなく、部屋全体の印象が大きく変わるのです。自宅に合う床や、部屋の雰囲気に合わせたフロアコーティングが行える業者を選ぶ事によって、のちのち後悔するというリスクを下げられます。また、コーティング剤によって耐久年数や、摩擦を防ぐ性能などにも違いがあるようです。中には少しニオイのきつい、コーティング剤もあります。小さなお子さんやペットがいるご家庭の場合、安全性の高いコーティング剤を選びたいものです。フロアコーティングの業者を選定する際は、ライフスタイルや家族構成、また部屋の雰囲気などによって最適なコーティング剤を提案できるか、チェックする事をおすすめします。また、自宅に合った施行が出来るよう、プランが豊富・知識が高い業者を選ぶ事もポイントです。

オススメ記事

コーティング

新築時の状態を保つには

新築時の綺麗なフローリングを維持するには、出来るだけ早く傷や染みを防いでくれる、フロアコーティングを施工する必要が有ります。この施工を行なうことでお手入れを簡単にすることができます。

部屋

下準備が美しさを左右する

フロアコーティングの施工は、まず最初に下準備として養生や足付け、脱脂や掃除などの下準備を行います。準備ができたら、下地材のアンダーコートを床に塗布します。アンダーコートが乾燥したら、トップコートを塗布し、乾燥したら検査や掃除をして終了です。

床

床の保護と再生

フロアコーティングは、床(フロア)に塗膜を作る(コーティング)するというものです。行う理由は床材の劣化を防ぐことのほか、塗膜を作ることで汚れが染み込みにくくすることができます。また新築の段階から行われるほか、数年経ったあとでも施工することができます。