フロアコーティングの価格を知ろう|相場を調べるのがベスト

失敗しない業者選び

床

フロアコーティングを施工することで床材に傷がつくのを防ぐことが出来ます。コーティングの種類によっては小傷がつくことを防ぐ効果があるものもあります。小傷を防ぐことでいつまでも光沢を保つことが出来ます。フロアコーティングが美しく保たれることで家全体として美しい印象を与えることも出来ます。これは一般的なワックスがけよりも高く、最大数十万円かかりますが、正しく施工すれば床材を数十年長持ちさせてくれます。またコーティングにもいくつか種類があります。床材との相性もあり、床材によってはコーティングが向かない素材もあるので施工には注意が必要です。フロアコーティングは施工業者の技術によっても仕上がりに差が出てきます。フロアコーティングはコーティング剤を薄く塗布し硬化させて仕上げます。塗布時にムラが出来たり、室内にあるほこりが硬化や乾燥時に付着してしまうと、汚れて見えてしまう恐れがあります。そうならないためにも業者選びは重要です。業者によって費用の計算方法が異なります。また、使用するコーティング剤によっても大きく費用が異なります。業者を選択する一つのポイントが、先ほどの床材との相性の確認があるかです。床材の確認と部屋の荷物の有無、コーティングの保障期間は最低限確認する必要があります。少なくともこうした確認ポイントを事前にしっかり説明してくれる業者を選ぶことで失敗のない仕上がりを得ることが出来ます。コーティングは一度施工しすぐに剥離する場合には剥離にも費用が掛かるのでなおさら失敗のない施工が重要となるのです。

オススメ記事

コーティング

新築時の状態を保つには

新築時の綺麗なフローリングを維持するには、出来るだけ早く傷や染みを防いでくれる、フロアコーティングを施工する必要が有ります。この施工を行なうことでお手入れを簡単にすることができます。

部屋

下準備が美しさを左右する

フロアコーティングの施工は、まず最初に下準備として養生や足付け、脱脂や掃除などの下準備を行います。準備ができたら、下地材のアンダーコートを床に塗布します。アンダーコートが乾燥したら、トップコートを塗布し、乾燥したら検査や掃除をして終了です。

床

床の保護と再生

フロアコーティングは、床(フロア)に塗膜を作る(コーティング)するというものです。行う理由は床材の劣化を防ぐことのほか、塗膜を作ることで汚れが染み込みにくくすることができます。また新築の段階から行われるほか、数年経ったあとでも施工することができます。