フロアコーティングの価格を知ろう|相場を調べるのがベスト

新築時の状態を保つには

コーティング

施工すれば数年は持ちます

新築時のフローリングは当然ながら傷一つありませんし、見た目にもとても綺麗なので大変に気持ちが良いものです。ですがこの綺麗な状態のフローリングは、きちんとお手入れをしないとすぐに傷が付いたり、染みが出来てしまうので注意が必要です。フローリングは木材ですから傷が付きやすいですし、水分が染み込めばその部分がシミになって最悪の場合は腐ってしまう事もあります。ですからフローリングは、出来るだけ早くフロアコーティングを施工して、傷や水分などから保護してあげる必要があるのです。フローリングのお手入れというと、とても手間がかかる事のように感じられますが、実際はそんな事は無いので心配をする必要はありません。フロアコーティングは耐久性が高く施工してしまえば数年は持ちますし、その間は簡単な掃除をするだけで維持をすることが出来ます。以前のように数ヶ月ごとにワックスがけをしなくても、フローリングに傷が付きにくくしてくれて、水分も染み込ませずしっかりと弾いてくれます。またフロアコーティングを施工する事で、フローリングをピカピカの光沢を持たせたり、つや消しにしたり好みの色を付けることも可能です。ですからフロアコーティングによってフローリングの艶や色を変える事で、インテリアの雰囲気を自由に変えられるのです。さらに見た目だけではなく、フローリングを滑りにくくする効果も有りますので、高齢者などの転倒を防止する事が出来るので安心です。

オススメ記事

コーティング

新築時の状態を保つには

新築時の綺麗なフローリングを維持するには、出来るだけ早く傷や染みを防いでくれる、フロアコーティングを施工する必要が有ります。この施工を行なうことでお手入れを簡単にすることができます。

部屋

下準備が美しさを左右する

フロアコーティングの施工は、まず最初に下準備として養生や足付け、脱脂や掃除などの下準備を行います。準備ができたら、下地材のアンダーコートを床に塗布します。アンダーコートが乾燥したら、トップコートを塗布し、乾燥したら検査や掃除をして終了です。

床

床の保護と再生

フロアコーティングは、床(フロア)に塗膜を作る(コーティング)するというものです。行う理由は床材の劣化を防ぐことのほか、塗膜を作ることで汚れが染み込みにくくすることができます。また新築の段階から行われるほか、数年経ったあとでも施工することができます。